なまこ旅行記。

旅行記と生息記。

なまこ旅行記

酒。

お酒について。

特に日本酒について、です。

未成年も読んでいいよ。呑むのは20からね。

 お酒って好みがはっきり出ますよね。

僕は苦みと炭酸が('ω'乂)なのでビール好きじゃないんですけど、お父さんはビール党、おじいちゃんは焼酎(なんでも好きっぽいけど)、僕は日本酒と三代好みがバラバラです。

ウイスキーも得意ではない。焼酎は飲むと吐気がするので飲めないです。

カクテルはなんかジュースって感じがする。ワインも。

お酒自体は強い方だと思います。

 

だから日本酒党に入ってます。最近は痩せたせいか以前よりかはお酒が弱くなってる感じがするので、そろそろカクテル専門にならなきゃいけないかもしれないけどね。

 

そもそも、僕お酒って「好き!!!!」ってほど好きじゃあないんですよ。高いし。だから一人で晩酌するとかはありません。付き合いで飲んだりするくらいなんですよねえ。旅行に行ったらお土産としても地酒を買ってきますが、呑まないので減らないし、そもそも最近旅行行けてないから増えてない。

 

でもまあイベントがあったら行くだとか、お酒飲むために新潟行ったりするくらいには好きです。日本酒の好みだと冷の甘口のお酒が好きだよ。

 

お酒そのものに関しては、こんなところでしょうか。

 

それでは、お酒の周辺について。

どちらかといえばダウナー系の酔い方をするので気持ちよくはなれないんですけど、誰かとの場を設けてくれる舞台装置としての役割はあるんじゃないかな、と思います。

 

大抵「打ち上げ」「歓送迎会」「自棄酒」、あるいは「久々に飲みに行こうぜ!!」みたいなイベントに付随してますよね。そして酔いが回ると大体舌も回るようになるので、普段事務的な関係の相手と、あるいは普段顔を合わさない相手とのプライベートの話をするきっかけをもたらし、更に話す後押しをしてくれるものじゃないかなー、という認識なわけです。否定されがちですけど、飲みニケーションってやつですかね。

 

やっぱり酔ってるからこそ話せること、酔ってるからこそ許されるものってあると思うんですよ。それは酔いのせいでもあるだろうし、そこから生まれる雰囲気もあるだろうし、まあ、酔ってるからなあという許容度が高くなるからでもあるんでしょう。

酔ってなくとも、「お酒の席だから」ってのは絶対ある。普段は恥ずかしい話だったりをするとかね(僕は絶対しませんけど)。それを旅先でやると仲良くなれたりするから結構お酒の席そのものは好きなんですよね。

 

ま、そもそも「飲みに行こうぜ!!」と誘われる機会なんて殆ど無いんですけど…。お誘いお待ちしてますよ。

 

あとは、個人的に「酔ってる自分を見られたくない」というのは強く思います。

前述したことと少し反対になりますが、僕はツイッターとか対人では絶対に出さない、絶対に人に見せたくないものが幾つかあります。結構失敗談とかの恥ずかしい話に関してはこだわらないんですけど、性癖とか、自分についてとか、こう思われたくない自分像みたいな思いは、かなり秘匿する方でもあります。

酔って醜態を晒すのはなりたい自分じゃないし、隠していたどろっとした思いを人にぶつけたくないから、結構酔わないまま切り上げちゃいますねえ。

 

とまあ、そんな感じです。お酒は用法用量を守って、楽しく呑みましょうね。お酒って、たくさん呑めるがかっこいいとか、高いお酒が美味しいとかじゃないです。幸せな時間をくれたり、不幸せな時間を忘れさせてくれる、それがきっとお酒の本質なので。

広告を非表示にする